新曲「ZERO」を公開しました!

お久しブリーフ!403です!
大変長らくお待たせしました!
新曲「ZERO」を公開いたしましたので、聴いてください!

■Youtube
http://youtu.be/ZJIhaUcRgpk

■ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21620008

 

※歌詞はこちら
http://403.team-7.net/wordpress/?page_id=845

今回の曲は、バラードでもないのに7:30という長い曲(地味に403史上最長!)で、かつストーリー仕立ての曲のなので歌詞をしっかり聞いてほしい!ということで、動画という形でお届けしたいと思います。

動画制作するにあたっては、友人たちに助けてもらいました。
イラストを書いてくれた格ゲー「スト4」仲間のWorlenMysiaさん、水彩画を描いてくれた宇高陸上部時代の同級生Apachai Amagai lll(アパチャイアマガイ3世)、素晴らしい動画に仕上げてくれた茅(kaya)さんの3人のおかげで、このZEROという作品に物語と命が宿り、素晴らしい作品に仕上げることができました!この場を持って3人に大きな感謝を述べたいと思います!ありがとう!

いやー、それにしてもようやく出せた・・・と、感慨深い気持ちでいっぱいです。
なにせこの曲、製作期間実に7年かかってますからねwww何やってんだ俺wwwww遅筆にも程があんだろwwwwwwwww

曲のメロディだとか構成、ストーリーなんかは初年時にすでにほぼ完成していたのですが、何より歌詞が・・・歌詞に時間がかかってしまったのです。
Robert Legacyもそうなんですが、俺も相当な「クライングポエマー(歌詞書きながら泣いてしまう人のこと。403の造語)なので、歌詞を書きながら当時の特攻隊員の気持ちや残された人の気持ちを考えるとボロボロ涙がこぼれて作詞どころじゃなくなってたし、また歌詞に深みを増すためにいろんな小説や映画を見たり、特攻隊員の遺書を読んだりして、さらに愛しさと切なさと心強さをいつも感じてしまって作詞どころじゃなくなってたりしていたのが原因です。クライングポエマー()wwwメンタル弱すぎ豆腐並みwwwww

あと今回の曲は、メインボーカル、コーラス、クワイア含めすべて403が担当しております。
実は当初hatanakaがメインボーカルの予定で、彼の音域で書いていた曲なので、403的には音域クソ高くてクソしんどかったのですが、逆にそのしんどい感じが若い特攻隊の必死な想いを表現するのにちょうど良いので、あえて今回は403がメインボーカルを取ってます。いつかhatanakaバージョンも聴いてみたいですね(チラッチラッ

曲のテーマについて話をする前に俺の祖父の話をしなければなりません。
当時の日本軍には、入隊の経緯という観点からざっくり分けて二通りの軍人がいました。自ら志願して軍に入隊した志願兵と、赤紙による召集でいわば強制的に戦争に参加させられた者の二通りで、祖父は前者の志願兵でし た。
大日本帝国海軍尉官(確か少尉)だった祖父は、「餓えた狼」というニックネームを持つ重巡洋艦「足柄」の乗組員でした。重巡洋艦「足柄」自体は終戦の2か月前の1945年6月8日に沈没してしまいますが、祖父はその少し前に内地への転属となりそのまま終戦を迎えたため生き 延び、祖母との間に俺の親父が生まれ、そして俺が生まれることになるんですが、もしそのまま重巡洋艦「足柄」に残っていたら…と考えるとゾッとしてしまいます。

さ て、そんな祖父がまだ矍鑠としていた時期、と言っても俺がまだ小学生の頃だったと思いますが、俺が戦争のことを聞くと、飛行機や戦艦などの兵器は嬉しそう に語ってくれる反面、軍部について語る時は怒りを、特攻隊で死んでいった者たちについて語るときにはただただ哀しみをあらわにしていたのをよく覚えてま す。その時から俺は「祖父から聞いた話を後世に伝えていかなければならない」という使命感のような物を感じ、今回形となったZEROという曲を作るに至ったのです。

と、いうわけで曲のテーマは、第二次世界大戦中の日本の特攻隊員の青年の最期を描きました。
時は敗戦の気配が濃厚になってきた1945年の春、鹿児島の知覧飛行場から飛び立ち、米軍エセックス級航空母艦バンカーヒルに向かって爆弾を抱えたゼロ戦で突っ込んだ特攻隊員の悲しいお話です。

特攻って実は成功確率がものすごく低いんですよ。ぶっちゃけ終戦間際の沖縄戦では10%程度、つまり10機で行って1機あたるくらいの低い確率でした。
そりゃ発案当初はそれなりに成功しましたし、米軍的にもめっちゃ怖かったらしいですが、さすがに米軍も様々な対策を講じたため、実は初期以降はほとんどが目標である空母に突っ込む前に撃ち落とされてしまったのです。たとえばVT信管(近接信管)などが有名ですね。沖縄戦にもなると、ほとんどの特攻隊員が、敵にぶつかる前に対空砲火を浴びて落とされてます。このVT信管というのがもう泣けるくらいのチート性能で、半径15m以内に敵機を察知すると自動的に爆発するという仕組みになっていて、これを上空に向かってばら撒かれるだけで特攻隊員たちには大きな脅威となります。
今までなら「当たらなければどうということはない」と、ギリギリで避けてしまえば問題なかったのですが、VT信管搭載の対空砲火の場合、当たってないのに撃ち落とされるわけです。さらに、戦争終盤には特攻には十分な性能を持った戦闘機ではなく、運動性能の低い旧式の戦闘機を宛がわれるケースがほとんど(ひどい場合は練習機とかの場合も…)で、そうなると最高速度は数百km/hも違いますから、なおさら無理ゲーだったわけです。

そんな厳しい中ですが、ZEROの主人公の特攻部隊は零式艦上戦闘機、通称「ゼロ戦」を配備されました。
とはいっても、最新の五二型ではなく旧式の二一型のゼロ戦(「飴色」と呼ばれる銀色世代のゼロ戦です)がでした・・・
彼がどのような気持ちで空へ飛び立ち、そしてどのように散っていったのか。
2013年8月15日という終戦からちょうど68年たった今日、想いを馳せて頂ければ幸いです。

余談ですが俺は2013年8月15日の今日、九州は鹿児島県の知覧特攻平和記念会館に来ていました。
終戦記念日である今日、この国と愛する者のために命を投げ出した英霊たちに敬意を表し、そして彼らの想いを歌にすることで後世に語り継いでいくことを、祈りに来ました。

そう、68年前の8月15日の今日、日本は戦争に負けました。
終戦間際になると、濃厚な敗戦の気配から軍部は特攻作戦を立案し、これにより多くの未来ある若者たちが死にました。大西瀧治郎中将に言わせると「統率の外道」ってやつですね。

そりゃあ怖かったと思いますよ。今の世の中ならキャンパスライフを謳歌してる大学生か、満員電車に揺られて会社勤めしてるサラリーマンのような20代前後の若者ですから。最年少の特攻隊員に至っては17歳です。写真や遺書も残っているんですが、なんていうかもう涙無しには語れません。

ただただ、無念だったことでしょう。
やりたいこともいっぱいあったでしょう。
行きたかった場所もあったでしょう。
読みたい本もあったでしょう。
死にゆくことへの純粋な恐怖と悲しみと葛藤したことでしょう。
恋人との果たせぬ約束を交わしていた者もいたでしょう。
親孝行ができなかったと嘆いた者もいたでしょう。
戦争そのものや、軍部に怒りを感じた者もいたでしょう。

まだ、生きていたかったことでしょう。

それでも、彼らは飛んだのです。
今、自分にできることに全力を尽くし、故郷で自分の帰りを待つ愛する者たちの笑顔と未来を想い、笑顔で死んで逝ったのです。

残されたわずかな時間で、彼らはみな遺書を書きました。
宛先は故郷の母親、父親、兄弟たち、恋人、妻、子供たちなどそれぞれでしたが、圧倒的に母親に宛てたものが多いです。
遺書の内容はもう清々しいくらいに澄み切った心で「お母さんありがとう、元気で行ってきます」というものがほとんどです。
これは実際にそれくらいの悟りの境地に至った人もいたでしょうが、多くの人がこう考えたに違いありません。「死にたくない、なんてメッセージを遺書に残してしまったら、きっとお母さんは悲しんでしまう。だったらせめて心配かけないようにしたい」と。(また、内容に「死にたくない!」「日本はもうじき負ける」など、日本男児・軍人らしからぬメッセージが込められていると、家族の元に届くまでに検閲され処分されてしまうことも多かったとか。)

つまり、ほんとは死にたくないし逃げたくてしょうがなかったし、大切な人にも逢いたかったし、泣き言も言いたかったけど、それもすべて飲みこんで笑顔で死んでいったのです。

彼らのその想いだけは儚く哀しいもので、決して風化させたくないと思ったのです。

長々と語ってしまいましたが、この曲は戦争を賛美したり、零戦神話を美化したり、ましてや特攻隊を神格化したを歌ではありません。二度と戦争という愚かな行為を繰り返さぬ、反戦と、そして平和を願ったものです。

祖父から聞いた戦争体験を元に作ったこの曲が、少しでも後の世の平和のためになることを祈って。
この国のために戦い、そして散っていった若き英霊たちに敬意を込めて。

■8/21追記■
曲のダウンロードはこちらから!
http://www.muzie.ne.jp/artist/a003884/

■9/8追記■
SoundCloudにもアップしました!

「新曲「ZERO」を公開しました!」への46件のフィードバック

  1. 新曲聴きました。
    戦争については十人十色意見があると思いますが、素直に感動しました。

    彼らの築いた礎の上に今の日本があることを、忘れてはならないと再認識させられますね…

    曲もいろいろな表情を見せてくれて、また動画とともに楽しめました!
    新アルバムが待ち遠しいですねヽ(´ヮ`)ノ

    返信
  2. お疲れ様です。
    安定の1ゲットかと思ったら先客が!!
    大変長らくお待たせしました(∩´∀`)∩楽しんでね!

    返信
  3. お疲れ様です!!!
    冒頭から無意識に涙が出ました。
    自分の祖父は赤紙で軍に入りましたが入って間もなく終戦日を迎えたため、特攻隊にも入らず、また戦地に赴くこともありませんでした。
    自分が幼い時に亡くなってしまったため当時の話を聞けませんでしたが、終戦が遅かったら・・・ゾッとします。

    自分たちは戦争を経験してはいませんが、彼らの体験を後世に伝えることはできます。
    音楽は言葉で、音などで伝えられます。

    403の熱いメッセージと音楽の可能性を強く感じた曲でした。

    返信
  4. ひっっさしぶりに号泣させられました・・・!!!
    あっという間の7分44秒でした!

    返信
  5. 聴きました!お疲れ様です!

    歌詞は403さんが伝えたかったであろう思いが今までにも増して強く込められていて迫力がありました。
    戦争を知らない我々は、特攻隊になった若者の気持ちを想像することしかできませんが、考えることに意味があるのかな、というようなことを考えました。

    メロディーやコーラスも鳥肌もので、本当に感動しました。

    返信
  6. お久しぶりです。
    ZERO聴かせてもらいました!戦争について力強く語っていた曲を聞いて強く感動しました。これから当時の人々のことを考えて生きていきたいと思いました。これからも音楽活動頑張ってください

    返信
  7. 早速新曲を聴きました

    やはり、403クオリティーは変わってないですね!
    思わず、目が潤んでしまいました
    今、働いているところが老人関連の職種なので、改めて敬意を払って仕事に取り組んでいきたいです

    残暑で大変ですが、お体に気をつけて音楽活動を頑張ってください

    返信
  8. さっき聴きました〜!zeal聴いた後にこの曲聴くとグッと来ますね!!キーボードとヴォーカルが光ってましたよ〜。そして撃墜王って訳がでてきてアイアンなんちゃらってバンドを連想した私は完全にメタラーですw

    返信
  9. ようつべで最初に7分40秒という表記を見て
    「ああ、PVだから冒頭に曲の背景の説明みたいなのが入るのか」と思ってたらまさかのフル。
    途中のハイトーンボイスがなんか畑中さんっぽくないなと思ってたんですが、403さんでしたかww

    返信
  10. ずっと待っていました。
    本当に苦労したことが滲み出まくってますねw
    これにも昔から変わらない403さんの信念がこもった曲で、
    今回もそんな403さんの曲から勇気と感動をもらいました。

    ありがとうございます!!

    返信
  11. メロディ、歌詞、アレンジともに、403さんらしい熱い曲でした。
    動画という形も初めてでしたが、とてもかっこよかった・・・!
    是非、soundcloudかmuzieでも聞いてみたいです。

    返信
  12. 初めまして。
    新曲を聴いてとても心を打たれました。
    祖父の代の人たちの思いをあれこれ想像しながら何度も聴いてると、力強い歌声と歌詞で思わず涙してしまいました。
    Zealもとても好きな曲だったので、びっくりしましたw
    いつも403さんの音楽には元気をもらっています、これからも活動応援しています、頑張ってください!

    返信
  13. 初めまして
    5年前に403さんのSouthern Crossを聞いて初めて歌の素晴らしさに気づきました
    それから403さんの曲には何度も助けられました

    今回の曲を聴いて生まれて初めて音楽を聴いて涙を流しました
    本当に素晴らしい曲だと思います
    今後ともお体に気を付けてお仕事、音楽活動頑張ってください

    返信
  14. 初めまして!!!(緊張)いつも403様の神曲でネガティブ→ポジティブになってる者です!w
    新(神)曲、聴きました!!!うっ…涙がやばいいい(´;ω;`)感動しました。。。長いようであっという間の7:44…こんなに少ない時間の中であんなに沢山のメッセージを戴けるなんて……!!戦争という罪の重さが身にも心にも染みて渡りました。こんな神曲を作ってくださり…本当にありがとうございました!!!!!!!!!!!!これからもずっと応援していきます!!!!!頑張ってください!!!!!^^

    返信
  15. 特に冒頭部最後、So tonight I will dieとここから一気に曲調が変わる部分。
    まるで雄大で情熱的なオーケストラ音楽を聴いているようでした。

    返信
  16. >やまもみじさん

    ありがとうございます!
    戦争については十人十色意見がある、これが本当に悩みの種でした・・・。
    新アルバムは期待しててください!そんなにお待たせしないと思います!

    返信
  17. >ロバートさん

    今回はいろいろと助けてもらって、本当に感謝です!
    これからもよろしくね!(新曲的な意味で)

    返信
  18. >elcid0114さん

    自分たちの祖父母が戦争を経験している世代としては、本当に「一歩間違えてたら・・・?」と考えてゾッとしてしまいますよね。
    結局、俺には音楽しかないので、この方法で後世に語り継いでいければと思います。
    ありがとうございました。

    返信
  19. >松蔵さん

    俺も歌詞書きながら、曲聴きながら号泣しましたからね!!
    喜んでもらえてなによりですよ!!

    返信
  20. >Crazy.comさん
    そう言っていただけると嬉しいです!
    コーラスは今回いつものメンバーが参加していないんですが、これは俺なりのこだわりで、「自分の声だけでやり遂げることに意味がある!」とわけのわからん縛りを自分にかけて作ってたのが原因ですwwwが、喜んでもらえてうれしいです!

    返信
  21. >AOさん

    ありがとうございます!俺もこの曲を書くにあたり、戦争についてはいろいろ考えさせられたので、ぜひいろいろ調べてみてくださいね!

    返信
  22. >謎の米好き・Mr.てぃ~さん

    ありがとうございます!相変わらずクオリティは低いですが、魂込めて作りました!
    お年寄りの方々は我々の知らない時代を生きてきているので、やっぱり無条件に尊敬しちゃいますね。
    そちらもお仕事がんばってくださいね!

    返信
  23. >ふぁくとさん

    むしろZEROのメロディを使ってZealを先に公開していたので、逆ですよ逆www
    ともあれ、私も逆の立場だったら興奮してますwwwww

    返信
  24. >タヤキさん
    そのとおりですね。今回のコンセプトアルバムはいろんなHEROについて書いているのですが、やっぱり自分以外の大多数のために自分の命を投げうてる人にこそ、HEROという言葉がしっくり来る気がしますね。

    返信
  25. >666さん
    ですよねwwwわたしもですwwwwww
    アルバム収録時も当然セットですよ!!
    そして、撃墜王のくだりはご指摘の通り、メタラーへのサービスですwww

    返信
  26. >キキさん
    まさか、ですよね!俺も当初はこんな大曲になってしまうとは思わなんだ・・・www
    いやこれでもかなり削ったんですよ言いたいことwwwwww
    ええ、このヘタレボーカルは403ですwwwwサーセンwwwwwww
    次の曲でhatanakaには再会頂けると思いますので、乞うご期待!

    返信
  27. >竹炭魂さん
    ありがとうございます!
    俺もこういう感想もらえると勇気と感動をもらえますのでお互い様ですね!
    これからもよろしくお願いします!

    返信
  28. >通りすがりさん
    あそこは当初プロペラ音入れるつもりなかったんですが(効果音は入れると結構チープになってしまうことが多いので・・・)、その前の部分の敵国の歓声を入れるついでに試しに入れてみたらものすごくしっくりきたのでそのまま採用しました!
    思わず敬礼したくなりますよね!

    返信
  29. >namiさん

    ありがとうございます!muzieでは公開しましたのでお楽しみください!
    (SoundCloud忘れてたwwwボチボチアップしますwwwwww)

    返信
  30. >muhraさん
    いや、その・・・公開順が逆になってしまってますが、ZEROのメロディを使って作ったのがZealなのでwww
    まぁどっちの曲も熱い曲に仕上がってますからね!ありがとうございます!

    返信
  31. >朗月さん
    こちらこそ、はじめまして!
    当時を生きた人々の気持ちは、残された資料や事実を元に「想像」し「創造」することしかできませんが、本当に現代を生きてる俺たちが簡単に語れるようなことではないと思います、本当に祖父母の代の人たちはすごいと思います。

    返信
  32. >karisutoさん
    SouthernCrossいいですよね!俺も403の曲の中で一番好きですwww
    でもそれを越えるような曲を作ることが俺の生涯をかけての目標でもあるので、これからも期待してください!

    返信
  33. >エンジンエジソンさん
    こちらこそよろしくお願いします!
    稚拙ではありますが、この曲に込めた熱い想いが伝わってくれて本当にうれしく思います!これからもがんばりますよ!!

    返信
  34. >D・スペードさん
    ありがとうございます!7年かかったので正直疲れましたwwwでもおかげで本当にいい曲に仕上がってよかったとも思います!!

    返信
  35. >tさん
    今回は壮大な曲に仕上げたかったので、久しぶりにオーケストラ楽器の多い曲ですね!冒頭部分は特攻出発前、基地の滑走路の上で空を見上げて物思いにふける青年の姿をイメージして作りましたので、それを感じてもらえたなら幸いです!

    返信
  36. こんにちは!
    僕は403(かずき)、畑中佑介、1024(てっし)渡辺、robert legacyのファンです。
    このように言うことはちょっと恥ずかしいですけど、僕はあなたたちを会って対話しようと日本語を習っていました。(笑)
    参照で僕は韓国で住んでいます。
    ぼくがまだ日本語をよくしなくて今このポストをけ書けるのに翻訳をした部分も少しいます。
    それでも大丈夫です!
    私はいま韓国人だが、それでも私はファンのポストを書き続けるつもりですよ! 何故なら私は403Forbiddenaのファンだからです!

    返信
  37. 応援ありがとうございます!
    日本語を習っているなんてすごいですね!
    私は韓国語がまったく話せませんが、感謝の言葉を調べてみましたのでせっかくなので韓国語でお返事したいと思います!

    항상 감사합니다!
    응원 해 줄 수있는 아주 큰 기쁨을 느끼고 있습니다!
    앞으로도 잘 부탁드립니다!

    返信
  38. こんにちは!でこぽんと申します。

    ずいぶんと昔に兄貴のiPodを聞いて大ファンになりました!403さんについて調べていたら日本人?!?ってことを知ったんですが笑

    英語むちゃくちゃ上手ですよね?

    というかベース?のドラムが凄すぎなんですよね!

    長文すいません。。。本当に今でも大ファンで毎日曲聞かせてもらってます♪

    返信
  39. 時々入る演出に当時の情景が浮かんできそうです。
    特に、最後のアメリカ軍の罵声、人々の歓声や飛行機のプロペラ音。
    正義の槍となった彼らがいたからこそ、「今」があるのだと改めて実感させられました。

    この歌は私にとって初めて目から水が流れた曲です。これからも素晴らしい曲を作ってください。活動応援しています。

    返信
  40. コメントが本当に遅いのですが
    毎日403さんの曲を聴いてる者です(´;ω;`)
    曲を聴いておや…もう涙が。゜(´⊃ω⊂`)゜。
    本当に素晴らしい曲ばかりで感動するしかないです…!!
    これからも是非頑張って下さい!!!!!!!!
    超☆応援してます!!!!!!!!

    返信

muhra へ返信する コメントをキャンセル