ホーム > Music-Information > 曲を公開しました!

曲を公開しました!

お久しぶりです。403です。
twitterはたまにつぶやいてるんですが、あまりにブログを更新しなさすぎて、生存確認メールを数多くいただきましたが、まだちゃんと生きております。

さて、twitterでも言ってましたが、いつも曲を公開しているサイト「muzie」にて曲が公開されました。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a003884/
※下記URLからページに移動し、「MP3」アイコンを右クリック⇒「対象をファイルに保存」して聞いてください。

そう、ご存知の方はご存知の「Southern Cross」です。
Flashアニメみ~やさんが、作家第三回紅白Flash合戦でMVPを受賞した「Nightmare City」などで使われ、我々403の曲の中でもっとも知名度の高い曲です。
(カラオケでも歌えます ⇒ http://joysound.com/ex/search/artist.htm?artistId=56673

そんな「Southern Cross」の、2011年バージョンです。
「なんで今さらさざくろをリメイク・・・?」と、思われる方も多いと思いますが、これには理由があります。

この曲は8年前、高校3年生の受験勉強シーズンに作った「応援ソング」です。
(8年という時間は、この曲を聴いた当時小学校1年生が、今は中2。で、当時の中2が大学4年生。さらに、当時大学生だった俺が、今や社会人5年目になってしまうくらいのとても長い時間です。スゴイね、人体)

そして今年の3月、未曾有の大災害がこの国に襲い掛かりました。
私の家は幸いテレビがテレビ台から地面に向かって「I can fly! (Hey!)」して壊れたくらいで済みましたが、震災地付近の方々は比較にならない甚大な被害を被りました。

こんな状況下で、「自分にできることは何だろう?」と考えた結果、「やっぱり歌しかない!」と思い立ち、「製作中の新曲はさすがにテーマが重過ぎるので、ここは応援歌さざくろをリメイクするっきゃない!!」ということで、急遽メンバーを招集し、レコーディングし、演奏して作りました。原曲より若干熱い感じになってるはずです。

GWまでには・・・という期日を設定して作ったため、歌とかMIXとかあっさり目でまだまだ甘いところがありますが、いち早くお届けしたいと思って公開しました。

この曲は、震災に苦しむ人々をはじめ、困難に立ち向かうすべての人へ送る応援ソングです。
たとえ今が苦しくても、それはきっと人生の糧になるから、歯を食いしばって、顔を上げて、どうかもう一度運命に立ち向かう勇気を。

行け、たとえ困難に直面しても
戦え、己が信じる物のために
情熱も喜びも悲しみも、痛みも涙も
全部君の生きる糧になるから
行け、たとえ弱気な自分に負けそうになっても
戦え、己が信じる者のために
運命が君を呼んでいる
「我に従え、さもなくばあらがえ」と…

「……」

今ここで君が生きているこの瞬間は
君が年老いた時きっと宝物になるから
行け、たとえ道からはずれたとしても
見つけるんだ、自分自身の信じる道を
運命は君を試している
「我に従え、さもなくばあらがえ」と…

過去に戻ることはできない
過去を変えることもできない
けれど俺たちは未来に向かって進んでいる
さあ、手を伸ばそう!
(Southern Cross日本語歌詞より)

コメント:55

Cross Best 2012/2/19 日曜日

このさざくろ知ったのはうごメモの100%さんのあの作品だったなぁ~

弥生月 2013/4/2 火曜日

初めましての者です。(#^.^#)
私は2013年の中一間際にYouTubeでサザンクロスを知ったのでさざくろ初心者ですがこの歌を作ってくれて感謝感謝です‼ これからもお大事に…
日本ガンバ‼ψ(`∇´)ψ

桜火 2013/9/12 木曜日

あれからもうそんなに経ってたのかぁ…
Flash紅白やらボムやらあの当時のネットが純粋に楽しかったなぁ…

始めて聞いたのが高2の頃でもちろんみーやさんのあのフラッシュ…
Flashと合わせて、泣けたり、笑えたり、感動で毛が逆立ったり。

思えばこれらが原因でパソコンに興味を持っていまやITで働いてるんだよなぁ。
まさか高3の人が作った歌だとは知らず今まで生きてきたのが恥ずかしいw

この曲に元気を分けてもらってました!
その当時のとても…とても大切な気持ちを思い出せました。
うちの田舎は岩手です。
今日初めてここに来ましたが403さんの心意気がとても嬉しく感動しました。
震災から数年経ってますが本当にありがとうございます!

イニシャルK 2014/1/23 木曜日

いつも聴かせて頂いてます
当時(2011)高校の一番きつい時期にこのリメイクに出会い毎日のように聴いていました
自殺まで考えていたのですがこの曲と歌詞に感動し生きる希望も見いだせました
今ではすっかり元気になり、友達とルームシェアをしながら暮らしています
403さんのこの歌は私の命を救ってくれた恩人みたいなものであり、私のバイブルになっています
カラオケでは毎回最初に歌う程です
この素晴らしい歌を世に生み出してくれて、本当にありがとうございます!

日向美緒 2014/6/24 火曜日

サザンクロス、とても大好きです!
私が小学生の時に兄が聞いていたのをきっかけに知りました。
最近久しぶりに思い出し、感動に浸っているところです。
そして今留学中なのですが、ホストファミリーにサザンクロスを聞いていただいちゃいました。笑 ですが数箇所間違っていて何を言っているかわからないと笑って言われ、ショックを受けました。でも確かにきちんと読み返すと、これはgoogle翻訳を使ったのではないか?という疑問が浮かぶようなニュアンスでした。

All they will be pabulum of your life.
この部分は
All they will be food for your life.
こちらの方がまだわかっていただけました。
Pabulumは食糧という意味にはなるのですが、
赤ちゃんの食べ物になってしまいます。

Go, if you come under the wet yourself.
この部分はこのままだと『小便をもらしている』
という意味になってしまうそうです。
wetはweakという意味にはならないみたいです。
なので直すとしたら
Go, even if you feel weak and lose your courage
という風に解釈する感じになってしまいます。
英語で何かに負けそうになるという表現は
少し日本語とずれた感じになってしまうみたいです。

ごく一部をあげさせていただきました。
だからと言って今から直して欲しいというわけではありませんが、
ここまで有名になってくるときっと海外の方たちも聴くだろうし、
間違った意味で解釈して欲しくないのです。
私にとってもこの曲は幼い頃の心に深く残るほどの存在ですので
とても大切にしたいです。正しくうまく伝わらなくても、
この曲が人々に何を伝えたいのかを一番にわかっていただけたらなと
わたしも心から祈っています。たくさんの方に届きますように。
長文と余計なお節介、失礼いたしました。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://403.team-7.net/wordpress/wp-trackback.php?p=555
トラックバックの送信元リスト
曲を公開しました! - 研究室403号室 より

ホーム > Music-Information > 曲を公開しました!

twitter::403
twitter::RoberLegacy
twitter::hatanaka
twitter::1024

ページの上部に戻る